×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

待望のWindowsVistaを勝手にプレビュー

WindowsVista最速レビュー

1月30日に発売のWindowsVista
情報を 集めたサイトです。

  
1月30日に発売される、OS Windows Vista(ウィンドウズ ビスタ)、当然発売時には混乱が予想される。有名量販では恒例の深夜の徹夜組がでるのでしょうか?
楽天ななどのショッピングサイトではもうすでに予約が開始されているので、並ばずに手に入れるのなら予約をして入手するのが得策かも。
 

WindowsVistaとは?

Microsoft Windows Vista(ウィンドウズ ビスタ)はWindows XPの後継としてマイクロソフトが販売しているPC用OSである。開発時のコードネームはLonghorn(ロングホーン)。一般家庭向けや企業向けなどに機能の異なるエディション(種類)が8つあり、Windows史上で最もエディションの多いバージョンとなった。

2006年11月30日にボリューム ライセンス契約者へ提供が開始され、2007年1月30日に全世界での発売開始が予定されている。
“Vista”という名称はマイクロソフトによるとイタリア語で“眺望”という意味を持つとされている。公式見解では、「混乱を解消し、あふれる情報を整理し、未来を垣間見せる」とのこと。

Windows Vistaの内部バージョンはWindows NT 6.0である。Windows 2000の内部バージョンがNT 5.0、Windows XPの内部バージョンがNT 5.1であったことを考えると、Windows 2000以来の大きなバージョンアップであることが伺える。その変更の多くは信頼性とセキュリティの向上に関する変更である。

マイクロソフトはWindows 2000以前、ほぼ4年のサイクルでメジャーバージョンアップを実施していたが、様々な事情[2]によりXPリリースから過去例を見ない期間OSの新バージョンをリリースできなかった。この為Vistaには多くの新機能をユーザーへ提供しなければならなくなった[3]。このプレッシャー故か、当初2003年発売予定が2004年に延期になってから、幾度もの延期を重ねて更に一部の新機能搭載を見送り[4]、コンシューマ向けのリリースを2007年1月30日へと再延期し、ようやく予定通りリリースすることを決定した。


参照ページ


WindowsVista関連記事

●WindowVista公式サイト
http://www.microsoft.com/japan/windowsvista/
●WindowsVIsta関連記事
「長い道のりだった」 Windows VistaとOffice 2007、まず企業向けに正式リリース
Windows Vista、1月30日発売へ−米MicrosoftバルマーCEOが言及
Windows Vistaのリリース候補版、CPP登録ユーザーにダウンロード提供開始

クリスマスにはVista対応製品を――MS、Vista対応ロゴをアピール
Gartnerは「VistaはWindowsの最後のメジャーリリースになる」とも予想している。
Windows Vistaに「ダウンロード購入」や「家族割引」オプション



WindowsVistaは買いか?

 1月30日に発売される、OS WindowsVistaウィンドウズ ビスタ新しい物に敏感なPCユーザーの間では当然発売当日に手に入れるかが、話題となってくるわけである。新GUI「Aero」による新しいインターフェイスなどが目をひくWindows XP以前のユーザーはこの期に乗り換えてもよいのではないだろうか?
今回のWindowsVistaは複数のエディションが用意されている。
一般消費者向けだけでも「Ultimate」と「Home Premium」「Home Basic」の3種類。。「購入後でも、ニーズに適したエディションのVistaを柔軟に入手できる」としているが、注目の新GUI「Aero」などはHome Premiumでは使用できるがHome Basicでは対応してないなどエディションによって機能制限があるので、購入に関しては注意が必要となっている。

現在WindowsXPを使用していて、PCを主にネットとメールくらいでしか使用しないユーザーはあわてて購入せず、発売後に使用のレビューが出揃ってから購入検討してもよさそうだ。

Windows Vista投入による、低迷するPC市場の活性化には期待したい。

Copyright (C) 2006 All Rights Reserved.